女性管理職という生き方

なんて楽しい教頭職

藤木美智代 著
四六判 192ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2670-0
教師全般
2020年11月刊
「生涯、一担任でいよう」と思っていた著者が迷いながら決断し、管理職試験に奮闘!4度目の挑戦で合格。「教頭職が一番忙しい」と言われる中、楽しみながら仕事をするコツや心構えを伝授。女性教頭の実践から管理職としてのあり方が見えてくる。
お詫びと訂正

目次

はじめに
第1章 考えたこともなかった管理職への道
1.ある問い 「管理職を目指しませんか?」
考えもしなかった二者択一
どんな形で訪れるかは人それぞれ
そう言えば、管理職の道を閉ざしたことがあった
管理職になる気はありません! 私は生涯一担任
管理職の妻は肩たたき
2.気づき のりのりの学級担任だったが……
休日にはセミナーで学ぶ
私にも執筆依頼、講師依頼がくるようになった
サークル活動「まなびや」を始めた
素敵な仲間はみな学級担任
もはや学級だけを見ている年齢ではなくなった
3.迷い 恩送りのために
学年主任として学年を育てる
研究主任として学校全体を動かす
国語部会部長となって市に貢献する
「恩送り」をするということ
4.きっかけ 管理職の先生に憧れる
そんなときに出会ってしまった憧れの管理職
若い頃にも出会っていた素敵な管理職
ものは試しに管理職選考を受けてみた
第2章 やれるならやってみようかと思えてきた管理職という役割
1.決断 覚悟が必要
3度の不合格 そう甘くはなかった
ある管理職の先生からの一言
恩師に頼んだ「私が管理職になりたくなるような手紙をください」
4度目の挑戦
2.奮闘 志を胸に
管理職になりたいわけを考えた
志願書に書いたこと
本格的な受験生
4度目の正直
3.準備 着任までにやれること
教頭を観察する
かつて教頭職を経験された先生にインタビューする
子供たちへ送った言葉
身辺整理
送別会でのスピーチ
教頭就任、他市への異動!
4.教え 恩師からの手紙
第3章 やるからには楽しくやろう! 管理職の仕事
1.着任 新しい気持ちで
校長の「妻」になろう〜黒子に徹する〜
いつも笑顔で〜笑顔で修羅場を乗り越える〜
宣誓〜一心一途に〜
学区を歩き、氏神神社にお参り
SNSでもご挨拶
趣味はじゃんけん、特技はなぞなぞ
2.環境整備 きれいな学校に
朝の正門掃除
花壇の手入れ
危険箇所の修繕
積極的な営繕で、居心地のよい職場に
3.職員室の担任 学級担任の経験を生かして
職員室だより
藤木文庫
セミナー紹介
校内研修の充実
誕生日祝い
退職祝い
年賀状に嬉しい言葉
4.児童の教育 やっぱり授業は楽しい
漢字の成り立ち
なぞなぞによる学び合い
伝統行事・祝日の意味を伝える
2年生の授業
6年生の授業
5.感謝 やらかした失敗・乗り越えた危機
やらかした失敗〜おっちょこちょいは生まれつき〜
乗り越えた事件〜いつも職員に支えられて〜
第4章 やってみたらやりがいが見えてきた管理職という生き方
1.信条 モットーにしていること
いつも笑顔、いつも元気、いつも誠心誠意〜どんなに忙しくても〜
すぐやる!〜「あとで」「そのうち」「いつか」はNG〜
提出文書の期限を守る〜締め切りの1週間前には目処をつける〜
メモ魔になる〜なんでもノート〜
いいところ見つけ〜1日1回教室見回りをして〜
一人職を大切に〜ときにはおしゃべりを〜
ときには言いづらいことも言わねばならぬ〜不祥事を防ぐため〜
保護者や地域を大切に〜共に子供たちを育てるために〜
業者さんとも仲良くなる〜ちょっとした差し入れが大事〜
人脈を広げる〜自称 プリンセスの会〜
教育委員会の視察には全力で〜おもてなしの心を〜
2.自己研鑽 学び続ける・鍛え続ける
師範に合格〜教えるからには自分も学ぶ〜
フルマラソン完走〜体と心を鍛える〜
原稿依頼、講師依頼は断らない〜声をかけていただくことに感謝して〜
3.危機管理 新型コロナウイルス対応
突然の休校要請〜えっ! 明日が最終日!?〜
実は2月から すでに最悪を想定した対応を考えていた
3月、そして4月、5月
保護者や近隣からの苦情対応
6月、いよいよ学校再開
おわりに
●お詫びと訂正
藤木美智代『女性管理職という生き方〜なんて楽しい教頭職〜』につきまして、50頁5行から7行にかけて、文章が一部(19文字)隠れていました。謹んでお詫び申し上げ、下記の通り、訂正いたします。

「やっぱり力量不足だったのです。いや、「覚悟不足」と言った方が正しいかもしれません。ときは、夏休み。選考試験まで3ヶ月。ここから私の猛勉強が始まりました。4度目の試験に挑む決断をしたのです。」

正しい頁は下記PDFをご参照ください。
http://www.gakuji.co.jp/book/image/978-4-7619-2670-0_p50.pdf

なお、交換をご希望される方は、お手数ですが、弊社営業部宛に着払いでお送りください。送料弊社負担にて無償でお取り替えいたします。

【送付先】
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-2-3
学事出版営業部宛
TEL 03-3255-0194 FAX 03-3255-8854

→ [学事出版トップページへ]