#学校ってなんだろう

“学校”について自由に語ろう

ソクラテスのたまご編集部 編
A5判 128ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-2680-9
教師全般
2020年12月刊
オンライン授業が進む中で「何のために学校はあるんだろう?」と湧いてくる素朴な疑問。さまざまな形で教育に関わる専門家たちが考える“学校へ通う意味や学校の意義”を読みながら、あなたも一緒にこの問いについて考えてみませんか。

目次

はじめに
学校は可能性を引き出し、将来の選択肢を広げてくれる場所
昆虫ハンター、タレント●牧田 習さん
学校は子どもたちの居場所。社会性は触れ合いから得られる
公認心理師●佐藤めぐみさん
学校というパッケージには、生きていくためのスキルが詰められている
児童精神科医●前田佳宏さん
学校には知識を獲得し、対話をする機会が平等に与えられている
弁護士●鬼澤秀昌さん
学校は、家族以外に自分を愛してくれる人と出会い、世界を広げる場
家庭教育師●藤田郁子さん
大切なのは学校?教科書?学習は新たな成長を遂げるときを迎えている
陰山ラボ代表●陰山英男さん
学校へ行かなくても「学ぶこと」を絶対にやめちゃいけない
臨床心理士●村中直人さん
学校はリーズナブルに不快や不自由を体験できる場所
コーチ●白土詠胡さん
学校は自分らしさを知り、人と関わり合う力を身につける大切な居場所
カウンセラー●繻エ航大さん
好きや得意を極めたいなら、まずは学校で“脳みそ”を鍛えよう!
タレント●パトリック・ハーラン(パックン)さん
人との違いを学び、心を成長させることに学校の存在意義がある
アンガーマネジメントファシリテーター●長縄史子さん
学校の役割は、知識力・集団行動力・コミュニケーション力を鍛えること
心理士●車 重徳さん
学校は子どもたちが地域とともに成長することを学ぶ場所
プログラミング教室主宰●福井俊保さん
学校が安全安心な場所になるよう学校の現状を見つめ、それぞれが意識改革を
教育社会学者●内田 良さん
学校がつらすぎるなら行かなくていい。でも学ぶことは止めないで
フリーアナウンサー●政井マヤさん
“みんな一緒に”という幻想から脱却し、これからの教育を知ることを始めよう
哲学者・教育学者●苫野一徳さん
“人生は一冊の問題集”学校もその一ページ
いじめ相談員●小野田真里子さん
学校は社会性・勤勉性を培い、人間関係を築き心を育む場所
フリースクールカウンセラー●荒木信雄さん
学校は“いざというときにSOSを出せる自分”を育む場所
臨床心理士●久保田健司さん
ひとつの方法に固執せず、多様性のある個別学習で学びの可能性は広がる
教育学者●萩原真美さん
あとがきに代えて
〈コラム〉私が考える“学校ってなんだろう”

→ [学事出版トップページへ]