月刊生徒指導 2015年1月号

月刊 B5判
定価(本体800円+税)
雑誌05711-1

目次

特集:教師のための計画術と記録術
生徒との時間を生み出すスケジュール管理法【小・中・高】/河合 均(岐阜県立高等学校教諭)
…スケジュール管理のため、さまざまなノート・手帳に手を出し、ようやく巡り合った「スクールプランニングノート」。なくてはならないパートナーになりつつあるこのノートの私なりの使い方をご披露します。
授業計画の立て方と記録の仕方【中・高】/奥住 桂(埼玉県宮代町立中学校教諭)
…「週案」を活用していますか? 明日の授業、この先1週間の授業、テストまでの残りの授業数が把握できていますか? 授業計画を上手に俯瞰して、授業をより充実させるための方法を考えます。
信頼関係を築く生徒指導の記録術【小・中・高】/宮田武彦(県立高等学校教諭)
…生徒指導主事2年目の私が、1年目の失敗から得た「全ての情報を一冊に」の記録術。「月刊生徒指導」では珍しい(?)「匿名執筆」で、ホンネや裏事情を含めての苦悩の記録のご紹介です。
特別支援学校における日々の記録の重要性と引き継ぎへの活かし方【特】/石垣祐子(東京都立特別支援学校教諭)
…現在の教師は授業、校務分掌、部活に保護者対応と、とにかく多忙。子どもの良いところや変化を見つけても、その多忙故にいつ・どんなことだったか忘れてしまうこともしばしば。記録をつけることを習慣づけると生徒指導ばかりでなく、保護者との会話にも役立ちます。記録することで思考が整理され、業務効率もアップします。
養護教諭の記録と計画〜保健室の記録から見える子どもの情報〜【養】/市川美奈子(埼玉県公立中学校養護教諭)
…毎朝の健康観察は、体の情報だけでなく心の情報もキャッチできます。また、保健室では教室と違う顔を見せる子どももいます。担任と養護教諭双方が連携することで、子どもたちの実態や情報をさらに多角的にとらえて、日々の教育実践に活かしていきませんか。
座談会
テーマ●学校の予定や情報を手帳でうまく管理する

手帳を使ったプランニング


連載