中等教育資料 令和2(2020)年10月号

文部科学省教育課程課編集
月刊 B5判
定価(本体680円+税)
雑誌06057-10
2020年9月刊
★10月号の電子版配信しています。

Amazon Kindle版はこちら
楽天 Kobo版はこちら

それぞれ9月28日から配信開始です。是非ご利用ください。

目次

特集:合理的配慮を踏まえた通常の学級で学ぶ障害のある生徒の学習評価
 平成28年4月に,「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(いわゆる「障害者差別解消法」)が施行され,国公立学校については合理的配慮の提供が義務化された。また,今回の学習指導要領改訂において,特別支援教育に関する記述が充実するとともに,通常の学級で学ぶ障害のある生徒への支援に対する理解が広まりつつある。それに伴い,学習評価についても,生徒の実態に応じて,「何が身に付いたか」を的確に捉えるものでなければならないため,その工夫が求められている。
 そこで本号では,先進的事例を基に,通常の学級で学ぶ障害のある生徒への定期考査等を含む学習評価の考え方とその実際について考える。
提言…通常の学級で学ぶ障害のある生徒の合理的配慮と学習評価の考え方/笹森洋樹 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所上席総括研究員
解説…合理的配慮を踏まえた通常の学級で学ぶ障害のある生徒の学習評価について/加藤典子 特別支援教育調査官
実践研究…読字・書字に困難のある生徒への合理的配慮と将来を見据えた指導・支援/福井県教育委員会
実践研究…個別の教育支援計画や個別の指導計画を活用した発達障害の可能性のある生徒への合理的配慮を踏まえた学習評価/山口県教育委員会
実践研究…合理的配慮を踏まえた生徒への指導と学習評価/鹿児島県教育委員会


連載