中等教育資料 2018年11月号

文部科学省教育課程課編集
月刊 B5判
定価(本体660円+税)
雑誌06057-11

目次

特集:高等学校学習指導要領の改訂と各教科等の展望(5)<情報,総合的な探究の時間,特別活動>
 平成28年12月21日の中央教育審議会答申を受け,平成30年3月30日に新しい高等学校学習指導要領が公示された。今回の改訂では,先に示された小・中学校学習指導要領等と同様,資質・能力の三つの柱に基づいた各教科等の目標や内容について見直すとともに,中学校との円滑な接続や高等学校卒業以降の教育や職業との円滑な接続,育成を目指す資質・能力を踏まえた教科・科目の構成の改善などが図られている。
 そこで本号では,高等学校の情報科,総合的な探究の時間,特別活動を取り上げ,改訂の趣旨及び要点について解説するとともに,各教科等における今後の指導の在り方を展望する。
情報
解説…新学習指導要領における共通教科情報科のポイント/鹿野利春(教科調査官)
論説…高等学校学習指導要領の改訂と情報科の展望/堀田龍也(東北大学大学院教授)
総合的な探究の時間
解説…新学習指導要領における総合的な探究の時間のポイント/渋谷一典(教科調査官)
論説…高等学校学習指導要領の改訂と「総合的な探究の時間」の意義と展望/松田淑子(金沢大学大学院教授)
特別活動
解説…新学習指導要領における特別活動のポイント/長田 徹(教科調査官)
論説…高等学校学習指導要領の改訂と今後求められる特別活動の指導の在り方/藤田晃之(筑波大学教授)


連載