中等教育資料 2019年2月号

文部科学省教育課程課編集
月刊 B5判
定価(本体660円+税)
雑誌06057-2

目次

特集:キャリア教育の推進
 平成29年3月に中学校,平成30年3月には高等学校の新しい学習指導要領が公示された。生徒が,学ぶことと自己の将来とのつながりを見通しながら,社会的・職業的自立に向けて必要な基盤となる資質・能力を身に付けていくことができるよう,特別活動を要としつつ各教科・科目等の特質に応じて,キャリア教育の充実を図ることが明示された。特別活動を中核として,教育課程全体を通じて基礎的・汎用的能力の育成を図っていく取組の充実が求められている。
 そこで,本号では職場体験活動やインターンシップの充実に加えて,特別活動を要に教科・科目等の授業で取り組むキャリア教育の推進について考える。
解説…キャリア教育の推進/文部科学省初等中等教育局児童生徒課
論説…キャリア教育と今後の学校教育の在り方/望月由紀(日本大学文理学部教育学科教授)
実践研究…小中高連携による発達段階に応じたキャリア教育の充実/北海道長万部高等学校・長万部町立長万部中学校
実践研究…全教育活動で行う「追究型学習」=「教わる」からの卒業/秋田県大館市立第一中学校
実践研究…販売実習「津商モール」を柱に商業高校での学びを実践する/岡山県立津山商業高等学校


連載