中等教育資料 2019年4月号

文部科学省教育課程課編集
月刊 B5判
定価(本体660円+税)
雑誌06057-4

目次

特集:高等学校新学習指導要領への移行期間中における学習指導等について
 平成30年3月に公示された高等学校学習指導要領は,平成34(2022)年度から年次進行で実施される。平成30年8月には,新しい教育課程に移行するために必要な措置について告示され,資質・能力の三つの柱をバランスよく育成することを目指す新学習指導要領の趣旨を十分に踏まえて指導することとされた。この告示においては,円滑な移行ができるよう内容を一部加える等の特例が定められるとともに,教科書等の対応を要しない場合などは,積極的に新学習指導要領による取組ができるようにすることが求められている。
 そこで本号では,高等学校新学習指導要領への円滑な移行に向けて,各教科等における移行措置並びに移行期間中における学習指導等について考える。
解説…移行期間中における学習指導等について/文部科学省初等中等教育局教育課程課教育課程企画室
解説…新学習指導要領への移行措置実施について(総合的な探究の時間)/渋谷一典 教科調査官
解説…新学習指導要領への移行措置実施について(特別活動)/長田 徹 教科調査官
解説…新学習指導要領への移行措置実施について(地理歴史,公民)/M野 清 視学官 /藤野 敦/大森淳子/澤田浩一/小栗英樹 教科調査官
解説…新学習指導要領への移行措置実施について(家庭)/市毛祐子 教科調査官
解説…新学習指導要領への移行措置実施について(保健体育/芸術/福祉/体育/音楽/美術)/高橋修一/横嶋 剛 教科調査官/東良雅人 視学官/臼井 学/豊口和士 教科調査官/矢幅清司 視学官


連載