中等教育資料 2016年8月号

文部科学省教育課程課編集
月刊 B5判
定価(本体640円+税)
雑誌06057-8

目次

特集:各教科等において育むべき資質・能力を考える2<理科,理数探究(仮称),芸術(音楽,美術,工芸,書道)>
 現在,中央教育審議会教育課程部会において,次期学習指導要領に向けた議論が進んでいる。「社会に開かれた教育課程」を実現するという理念のもと,将来の変化を予測することが困難な時代を生きていく子供たちに必要な資質・能力を確実に育成するため,各教科等において育成する資質・能力を明確化し,各教科等を学ぶ本質的な意義を捉え直していく観点から,検討を進めている。
 そこで本号では,「理科」「理数探究(仮称)」「芸術(音楽,美術,工芸,書道)」を取り上げ,各教科等別の検討の状況について報告し,各教科等において育むべき資質・能力について考察する。
解説…「理科ワーキンググループ」検討の状況/初等中等教育局教育課程課
論説…理科において育むべき資質・能力を考える/片平克弘(筑波大学教授)
解説…「高等学校における数学・理科にわたる探究的科目の在り方に関する特別チーム」検討の状況/初等中等教育局教育課程課
論説…理数探究(仮称)において育むべき資質・能力を考える/岡本和夫(大学改革支援・学位授与機構理事)
解説…「芸術ワーキンググループ」における検討の状況/初等中等教育局教育課程課
論説…音楽科,芸術科(音楽)において育むべき資質・能力を考える/伊野義博(新潟大学教授)
論説…美術科,芸術科(美術,工芸)において育むべき資質・能力を考える/福本謹一(兵庫教育大学理事・副学長)
論説…芸術科(書道)において育むべき資質・能力を考える/長野秀章(東京学芸大学名誉教授)


連載