学校だより巻頭言の書き方&文例

小島 宏 著
A5判 160ページ 定価(本体1,800円+税)
978-4-7619-1683-1 小・中学校校長

情報公開、説明責任などの面から学校だよりに求められる役割は大きくなってきている。学校だよりの意義とともに巻頭言の書き方と事例を豊富に掲載。

まえがき
第1章 学校だよりの役割と効果の確認
(1)情報公開としての学校だより
(2)啓発活動としての学校だより
(3)PRとしての学校だより
(4)協力・連携へのメッセージ
第2章 学校だよりの『巻頭言』の書き方
《1》書き方の10ポイント
ポイント1 ねらいを明確にする
ポイント2 情報・資料を集める
ポイント3 構想を十分に練る
ポイント4 正確かつ適切に書く
ポイント5 正しい日本語を遣う
ポイント6 事実とデータを活用する
ポイント7 語りかけるように表現する
ポイント8 です、ます調で平易に表現する
ポイント9 前もって教職員の意見を聴いて必要な調整をする
ポイント10 保護者や地域住民等への感謝の念を織り込む
《2》巻頭言の10の隠し味
(1)教育は子どもの未来への手助け
(2)子どもへの愛情
(3)教職員への感謝
(4)先輩・上司への尊敬
(5)保護者・地域への謙虚・寛容
(6)明るく・元気・前向き
(7)記・報連相・大根・小豆
(8)肯定的評価
(9)完璧よりもそのときの最善
(10)過程が大事というが、最後は結果「子どもが育っているか?」
《3》巻頭言のタブー10か条
(1)校長の自慢話
(2)特定の人へのへつらい
(3)中立・公平・公正のぶれ
(4)求めすぎない
(5)押し付けない
(6)関係者を短絡的に責めない
(7)長すぎる時候の挨拶や行事などの由来・解説
(8)過度の他人の作品や文章の引用
(9)格調の高すぎ、難解な漢字・用語・文章
(10)針小棒大の粉飾
第3章 定期発行の学校だよりの『巻頭言』の実例(★は新教育課程に対応した巻頭言)
[4月の学校だより]
厳しくて、優しい教育(小学校)
外国語活動(英語学習)を始めます★(小学校)
教育の新しい流れをつくる★(小学校)
地道に、誠実に、子どもを育てる(小学校)
入学式と始業式から「知と心」(中学校)
新しい教育が始まります★(中学校)
社会で生きて働く力を育てる★(中学校)
言語活動を充実させます★(中学校)
情報教育の充実★(中学校)
[5月の学校だより]
黄色いランドセル(小学校)
「単語」でなく「文」で会話を★(小学校)
地道な生活の中から世界に目を(中学校)
国際社会で通用する学力の向上★(中学校)
[6月の学校だより]
あなたならどうしますか(小学校)
食べることの教育★(小学校)
素直に言葉を返していますか(中学校)
ならぬことはならぬもの(中学校)
[7月の学校だより]
実際の体験が全ての基になる(小学校)
算数科と理科の学習の充実★(小学校)
目的に向かって前向きに(中学校)
伝統と文化の尊重★(中学校)
[8月の学校だより]
ゆっくりと2学期が始まりました(小学校)
充実の2学期が始まりました(中学校)
保護者の心得「あいうえお」(小学校)
[9月の学校だより]
みのりの多い2学期に(小学校)
アメリカンスクールとの交流(中学校)
心の教育の充実★(小学校)
手づくり、ものづくり★(中学校)
[10月の学校だより]
読書と新聞(小学校)
子どもにとってのよい学校―2学期(後期)が始まります―(小学校)
全国学力調査の結果(小学校)
勉強を、なぜする必要があるか?(中学校)
学力の基礎は、規範意識と学習習慣―2学期(後期)が始まります(中学校)
NIEをご存知ですか?★(中学校)
[11月の学校だより]
善悪の判断(小学校)
環境問題を考える★(小学校)
「有り難う」の語源(中学校)
自分の将来を考える★(中学校)
[12月の学校だより]
「きまり」と「算数」の調査(小学校)
「自分でつくった体験」と「自分でつくる算数」★(小学校)
おかげさま・ありがとう(小学校)
いいことはおかげさま(中学校)
安全教育―安全・安心(中学校)
[1月の学校だより]
「いただきます・ごちそうさまでした」(小学校)
学習の見通しと振り返り★(小学校)
大人からのアドバイス(中学校)
心身の発達についての理解★(中学校)
[2月の学校だより]
いいことをする子がいっぱい(小学校)
小学生のキャリア教育★(小学校)
自己流の鈍感力(中学校)
社会の形成者として★(中学校)
[3月の学校だより]
1年の締めくくり―親ばかといわれても―(小学校)
子どもの後ろに見えるもの(小学校)
新しい教育の今年度と来年度★(小学校)
いよいよ新しい教育が始まります★(小学校)
その一言の重み(中学校)
移行措置の2年目を直前にして★(中学校)
新しい教育への3年目の挑戦★(中学校)
新しい中学校学習指導要領の全面実施を前にして★(中学校)
第4章 学校だよりの臨時号の『巻頭言』の実例
三つの大事なこと[入学式](中学校)
子どもたちのためにありがとうございます[異動と新教職員紹介](小学校)
ぜひ学校に足をお運びください[学校公開・授業参観](小学校)
心の教育に関心を![道徳授業地区公開講座](中学校)
期待して参観してください[学習発表会](小学校)
「やったつもり」を越えて、実現する[学校評価](中学校)
子どもの悩みに応える[教育相談](小学校)
生徒に生き方を学ばせる[教育課題](中学校)
卒業生の残したもの[卒業式](中学校)
体験の多い充実した夏休みに[夏休み](小学校)
社会体験のできる冬休み[冬休み](小学校)
1年のまとめと新しい出発に向けて[春休み](小学校)
地域の学校であることの幸せ[学校運営協議会](小学校)
学校の目標と教育の進め方を説明します[学校説明会](小学校)
一緒に考えていただけませんか[学校の教育目標の改訂(1)](小学校)
今、そしてこれから大事にしたいこと[学校の教育目標の改訂(2)](小学校)
教育目標の見直し―是非ご意見を[学校の教育目標の改訂(3)](小学校)
いつの時代も変わらず―そして新しいもの[学校の教育目標の改訂(4)](小学校)
新しい学校の教育目標[学校の教育目標の改訂(5)](小学校)
第5章 危機管理に関する号の『巻頭言』の実例
いじめと人権[いじめ](小学校)
変質者がウロウロしています[変質者](小学校)
セーフティ教室を開きました[安全教育](小学校)
携帯電話は原則禁止[携帯電話](中学校)
怪しい電話にご注意![怪しい電話](小学校)
登下校の安全にご協力を![登下校の安全](小学校)
質の高い学力を定着させます[学力調査](小学校)
「ルールとマナーとモラル」生活指導の徹底[生活指導](中学校)
暴力の否定[校内暴力](小学校)
第6章 PTA広報誌やタウン誌への『寄稿』の実例
認めて育てる[特別支援学級の文集の巻頭言]
子どもの安全[PTA広報誌の巻頭言]
自由に時間を使える夏休みに[PTA広報誌の巻頭言]
「特集子どもの健やかな成長」に寄せて『こころとからだ』[PTA広報誌の巻頭言]
PTA総会特集号に寄せて『子どもも親も』[PTA広報誌の巻頭言]
創立130周年記念号に寄せて『子どものつくった130周年』[PTA広報誌の巻頭言]
特集卒業式号に寄せて『祝卒業、出口は入口』[PTA広報誌の巻頭言]
学習の土台は豊かな体験[PTA広報誌の寄稿]
人の気持ちや考えを大切にしよう![PTA運営委員会]
万病に効く薬[PTA連合会機関誌の巻頭言]
伝統と発展[同窓会誌の巻頭言]
敷居の低い学校―もっともっと利用してください[コミュニティ委員会だより]
わァ、輪、和[コミュニティ委員会だより]
話すこと・聞くこと[日本語教室担当校長]
地球は人間だけのものではありません[科学教育センター長]
子どもの姿で見る学校評価[学校評価基準の改定の趣旨][学校評価基準作成委員会委員長]
開校130周年・楽しい学校を目指す[青少年対策第二地区委員会報]
不揃いを認める[教育委員会機関誌「○○市教育委員会だより」]