これだけは知っておきたい生徒指導の判例と少年法

梅澤秀監 著
A5判 160ページ 定価(本体1,800円+税)
978-4-7619-1728-9 中・高校教師

「持ち物検査」「バイク禁止」「部活中の事故」……。これって法律的にはどうなるのでしょうか? 生徒指導の気になる法律問題と少年法について、わかりやすく解説。

第1章 校則
<生徒指導と校則>
1‐1 問題行動3回で進路変更
1‐2 下校途中に生徒が問題を起こしたら
1‐3 バイク三ない運動で自主退学
<懲戒と体罰>
1‐4 体罰は絶対にダメですか?
1‐5 生徒指導中にけがをさせてしまった
<いじめ裁判>
1‐6 いじめ問題に対する指導法って?
第2章 問題行動
2‐1 たかがタバコされどタバコ
2‐2 カツアゲをして鑑別所送り
2‐3 問題行動者の氏名を公表する学校ってアリ!?
2‐4 たった1回の対教師暴力で退学処分
2‐5 カンニング1回で全科目0点!
第3章 子どもの人権
<自己決定権>
3‐1 宗教的理由で学校を休んでいいですか?
3‐2 持ち物検査をやりたい
3‐3 保護者の苦情にまいっています
<学校事故>
3‐4 部活中に雷が落ちた!
3‐5 柔道の授業で生徒がけが
第4章 進級・留年の規定
4‐1 遅刻3回で1時間の欠課とみなす!
4‐2 1時間の欠時オーバーで留年になっちゃうの?
4‐3 不認定科目の再履修だけでいいんじゃないですか?
4‐4 “留年を認めない”のはおかしいでしょうか?
第5章 組織的な生徒指導体制
5‐1 生徒指導の考え方を統一するには
5‐2 ゼロトレランス方式の指導って効果があるんでしょうか
5‐3 体罰容認の通知が出されて戸惑っています
5‐4 「学校と警察が連携をとる」とはどういうことですか?
第6章 教師のための少年法基礎知識
6‐1 少年法は子どもに甘い法律?
6‐2 非行少年の発見から処遇まで
6‐3 少年院に送られた少年はエリートってホント!?
6‐4 少年法のどこが改正されたの?
6‐5 法律では子どものことをどのように考えているの?
6‐6 非行の動向をデータで読む