授業のツボがよくわかる国語の授業技術
<高学年>

佐内信之・鈴木啓司 著
B5判 128ページ 定価(本体2,000円+税)
978-4-7619-1745-6
小学校教師

国語の授業で必ず見につけておかなければならない授業技術がある。教科書の定番授業を取り上げ、すぐに使える授業技術を精選して紹介。

はじめに


■話す・聞く力を育てる技術―話す(スピーチ)
「あなたの悩みに答えます」
■話す・聞く力を育てる技術―話す(説明)
リンクゲーム
■話す・聞く力を育てる技術―話す(スピーチ&質問)
自己紹介スピーチクイズ
■話す・聞く力を育てる技術―聞く
インタビュー つっこみ質問
■話す・聞く力を育てる技術―話し合う
討論(ディベート)
■書く力を育てる技術―発想
題材の発見を促す「パーツ作文」
■書く力を育てる技術―実証
引用して考察する「資料活用型作文」
■書く力を育てる技術―論証
相手の理由づけを予想する「反論作文」
■書く力を育てる技術―遊び・ゲーム
制約の中で表現する「五七五作文」
■書く力を育てる技術―空想・創造
データとウソで表現する「予想作文」
■読む力を育てる技術―文学的文章
意見を対立させて考える「ディベートあそび」
■読む力を育てる技術―説明的文章
要旨をとらえる「書き替え」
■読む力を育てる技術―韻文的文章
自分の発想を引き出す「俳句あそび」
■読む力を育てる技術―音読
楽しく工夫して読む「ふたり読み・群読」
■読む力を育てる技術―読書
幅のある読書を促す「ブッククラブ」
■言葉の力を育てる技術―漢字あそび
漢字学習の見方を変える「漢字文化」
■言葉の力を育てる技術―言葉あそび
つながりで発想を広げる「しりとり」
■言葉の力を育てる技術―言葉くらべ
言葉の差異を使い分ける「和語・漢語・外来語」
■言葉の力を育てる技術―言葉のきまり
場面の状況を考える「敬語」
■言葉の力を育てる技術―言語文化
四字熟語