ボランティアを楽しむ
奉仕体験活動のアイデア&指導案

原田正樹 監修 柳久美子 編著
B5判 112ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-1772-2 中・高校教師

東京都立高校で必修化された「奉仕」。中学生・高校生自身が「楽しかった」と感じ、今後も続けたくなる活動プログラムを公開。準備の内容・方法、活動に必要な物品リストも掲載。




 ◇推薦のことば
Chapter1 活動の前に知っておきたい基礎知識編
 1 奉仕体験活動の意義
(1)「奉仕体験活動」導入への流れ
(2)中高生の「奉仕体験活動」の視点
 2 指導計画の作り方
(1)指導計画作成のポイント
(2)ボランティアセンターへ行ってみよう
 3 地域資源の活用
(1)「地域資源」を活用しよう
(2)謝金や交通費などの工夫
 4 継続するための仕組み作り
(1)学校内に組織を
(2)コーディネーターの必要性
 5 活動のステップアップ
(1)発達段階を踏まえた活動を
(2)ステップアップの方法
 6 中高生らしい多様な活動
(1)地域の一員として(中〜高校生)
(2)専門性を生かして(高校生)
 7 充実した活動にするために
(1)事前学習の工夫
(2)活動の振り返り
(3)事後学習の工夫
 8 ボランティア活動の単位認定について(高校)
(1)単位認定のための基本的事項
(2)体験活動を積極的に単位認定しよう
Chapter2 さあ!楽しみながら行動にうつそう活動編
 ◆高齢者との交流やイベントの手伝い
《アイデア1》「敬老の日イベント」の手伝いをしよう
《アイデア2》老人ホームで「お楽しみ会」を開こう
《アイデア3》地域の高齢者を招待して「カレンダー」を作ろう
《アイデア4》在宅高齢者の「ご用聞きボランティア」をしよう
《アイデア5》老人ホームで「お手伝いボランティア」をしよう
 ◆障害者支援の活動や特別支援学校での手伝い
《アイデア6》視覚障害児向けの「点訳絵本」を作ろう
《アイデア7》地域の「福祉マップ」を作ろう
《アイデア8》特別支援学校の生徒と交流しよう
《アイデア9》織物を通じてふれあおう
コラム1 東京都「奉仕」科目のその後
 ◆幼児との交流や保育園・児童館での手伝い
《アイデア10》保育園(幼稚園)に行ってみよう
《アイデア11》保育園や児童館に「出前イベント」を届けよう
《アイデア12》子ども館で子どもとふれあおう
コラム2 “ふれあいボランティアパスポート”について
 ◆小中学生との交流
《アイデア13》小学校に出張して「夏休みサポートボランティア
」をしよう
《アイデア14》小学生を招いて「年賀状やクリスマスカード」を
作ろう
《アイデア15》地域の特性を生かした「ものづくり教室」を開こう
《アイデア16》中学生を招いて「スポーツ教室」を実施しよう
《アイデア17》「高校(中学校)探検ウォークラリー」を計画しよう
コラム3 活動した生徒の感想
 ◆地域活性化のための活動
《アイデア18》夏休みを活用して地域の「夏まつり」を手伝おう
《アイデア19》「地域対抗の運動会」の手伝いをしよう
《アイデア20》学校周辺地域の「ミニコミ誌」を作ろう
《アイデア21》「秋まつり」のポスターやチラシ作りをしよう
《アイデア22》「歳末大売り出し」の宣伝をしよう
《アイデア23》商店街「新春まつり」の企画を考えよう
《アイデア24》サービスラーニングをすすめ「地域通貨」の導入に携わろう
 ◆環境保全・ゴミ対策・リサイクルの手伝い
《アイデア25》地域の環境保全活動に参加しよう
《アイデア26》「リユース&リサイクル・デー」を企画しよう
《アイデア27》エコプロジェクトを通して環境問題について考えよう
《アイデア28》老人ホームや児童館の「まるごと清掃」を計画しよう
《アイデア29》「地域まるごと美化活動」を実施しよう
 ◆被災地の人々との交流
《アイデア30》被災地の人たちと交流しよう
《アイデア31》被災地への「復興支援活動」に参加しよう
《アイデア32》「救急救命講習」を実施しよう
コラム4 ボランティアセンターからのメッセージ
 ◆国を超えた活動
《アイデア33》大使館と連携して海外へ「教材・教具」を送ろう
《アイデア34》「コインアート」を製作して学校を作ろう
《アイデア35》使用済み切手を集めて村おこしを支援しよう
 ◇巻末資料 全国の社会福祉協議会・ボランティアセンター一覧
 ◇おわりに
 ◇執筆者紹介