教育現場の協働性を高める

ファシリテーション実践学

武田正則 著
A5判 192ページ 定価(本体2,000円+税)
ISBN978-4-7619-1781-4
教師全般
教育現場の活性化・協働の促進、効果的な合意形成や相互理解を導くファシリテーションの技法を紹介。教える人(teacher)から、引きだす人(facilitator)へと成長するための実践書。

目次

  1. まえがき
  2. 本書のポイント

〔基礎編〕ファシリテーションを理解しよう!

  1. 第1章 ファシリテーションのプランニング
    1. 1.1 ワークショップ
    2. 1.2 ファシリテーション
    3. 1.3 ファシリテーター
  2. 第2章 教師のコンピテンシー
    1. 2.1 ロジカルシンキング
    2. 2.2 クリティカルシンキング
    3. 2.3 知識創造技法
  3. 第3章 ファシリテーターの考具箱
    1. 3.1 基本コミュニケーションを高める技法
    2. 3.2 思考力を高める技法
    3. 3.3 判断力を高める技法
    4. 3.4 表現力を高める技法

〔展開編〕アクティビティ・プログラムを創ろう!

  1. 第4章 ロジックツリーの理論と技法
        (事例テーマ:『風が吹けば桶屋が儲かる』)
    1. 4.1 基本事項
    2. 4.2 ロジックツリーの種類
    3. 4.3 ロジックツリーの思考法
  2. 第5章 ロジックツリーによるアクティビティ・プログラム
        (事例テーマ:イソップ物語『酸っぱいブドウ』)
    1. 5.1 学習計画(Plan)
    2. 5.2 学習実施(Do)
    3. 5.3 学習評価(See)
  3. 第6章 個人活動によるエクササイズ
    1. 6.1 演習計画(Plan)
    2. 6.2 演習実施(Do)
    3. 6.3 演習評価(See)

〔応用編〕ファシリテーターを体験しよう!

  1. 第7章 ファシリテーション実況中継
    1. 7.1 教科指導:教師と生徒の意識のズレ
    2. 7.2 進路指導:キャリア教育(進路コース選定)
    3. 7.3 PTA活動:マンネリ化対策(教育委員会と中学校の連携事例)
    4. 7.4 HR運営:クラスの問題解決
    5. 7.5 学校運営:校是校訓の制定・見直し
  1. 参考資料
  2. 本書のキーワード
  3. 付録
  4. あとがき