志高い真のリーダーを育てる教育

驚くほど子どもが変わる感動の夢授業

小堀道和 著
A5判 232ページ 定価(本体1,500円+税)
ISBN978-4-7619-1841-5
小学校管理職
目的意識を持って活躍する職業人を講師に、「何のために学ぶのか」「何のために働くのか」「自分の幸せとは何か」を教え、子どもに人生の目標を持たせる、民間人校長が取り組んだ人材育成の実践記。

目次

プロローグ
第1章 なぜ夢授業が必要なのか
教育の目的は人材育成
人生を教えるとは将来の夢を持たせること
幸せ呼び込む知識観
前向き行動を日常習慣化する
失敗や挫折を乗り越える「夢の力」
夢授業の枠組みづくり
教育現場で起きている担任泣かせの現実
負の思いの強い保護者に腐心
指示待ち人間を排出する教育システム
就職したがらない学生
楽して儲けることが美徳の文化?!
必死にゼロから教育する会社人事部門
須磨久善先生の生き方に学ぶ
渡邉美樹さんとの本での出会い
夢授業は学校と外部講師の先生とでつくるもの
第2章 校長による夢授業基礎編
始めに
○第1校時目 「こんな人になってほしい」
   目指す児童像及び教育目標への織り込み
   将来の夢について
   日本人は昔から指示待ち人間だったのか
   教育によって指示待ち人間にも目標・目的しっかりの夢人間にもなる
   高い志を持つ教育が人材を輩出する史実
   仕事には志の高い尊い目標・目的の使命感がある
   将来の自分の夢とその理由を考える
   夢授業「こんな人になってほしい」まとめ
   授業後の子どもたちの感想
   子どもたちの能力を引き出す担任の先生方
 
○第2校時目 「素晴らしい人生を自ら考える第一歩」
   前向き行動を習慣化する
   人生の意味を考える
   二人の事例に対する子どもたちの感想文
   素晴らしい仕事・生き方・人生とは
   前向き言葉、後ろ向き言葉の影響
   子どもたちの感想文
   子どもたちの感想文を読んで
 
○第3校時目 「くじけそうになっても頑張れる子」
   頑張れた人の事例〜義家弘介さん
   自分はどうしたいかと考える大切さの訓練
   くじけたことをふり返る
   頑張れた人の事例〜星野富弘さん
   頑張れた人の事例〜館野 泉さん
   授業のまとめ〜頑張れた人の共通点
   授業後の子どもたちと保護者の感想
   子どもたちの感想文を読んで
   その他の夢授業基礎編について
   全校朝会活用の夢授業
第3章 社会人による夢授業実践編
始めに
○第4校時目 「セコム石井さんによる福祉ロボットマイスプーンの開発」
   石井さんとの出会い
   探し出すための必死の努力
   新たな糸口
   やっと探し当て話が進む
   出前授業の謝礼について
   感動の夢授業づくりの構想
   いよいよ石井さんによる夢授業
   夢を実現するには基礎・基本の勉強が大切
   子どもたち及び保護者・地域の皆様の質問
   感動いっぱいの感想文
   さらに感動を呼ぶ石井さんの手紙
   子どもたちのさらなる感動
 
○第5校時目 「サトーカメラ佐藤専務と竹原店長の夢授業」
   佐藤勝人さんとの出会い
   母校での夢授業
   サトーカメラ独自の夢授業プロジェクト立ち上げ
   サトーカメラ佐藤専務と竹原店長の夢授業
   竹原店長の夢授業
   子どもたちの感想文
   勉強が苦手な子どもたちへの応援メッセージ
 
○第6校時目 「元全日本女子バレーボール選手落合真理さんの夢授業」
   日本サッカー協会主催「夢の教室」への応募
   「くじけそうになっても頑張れる子」実践編としての構想
   「夢は必ずかなうもの」を夢授業に織り込みたい
   落合真理さんの夢授業
   たくさんの人に感謝できる幸せ
   夢の実現及び引退
   志の高い夢にしてあげたい
   子どもたちの感想文
   そのほかの夢授業実践編の紹介
   夢授業実践編を通して思うこと
第4章 夢授業の拡大発展を目指して
教科書で「知識だけでなく人生」を教える素晴らしさ
夢授業実践者を探す努力
広がりはじめた夢授業、さらなる発展を目指して
中学生対象に拡大した夢授業
中学生の「将来の夢」及び夢授業感想文
高校生対象に拡大した夢授業
高校生の「将来の夢」及び夢授業感想文
中学生と高校生の感想文を読んで
高校生の面接指導で感動したこと
キャリア教育と夢授業の違い
多くの学校での夢授業実現に期待
私の思いを伝えるための卒業式式辞の紹介
エピローグ