子どもがよろこぶ「遊びの活動」を取り入れた楽しい図工

森坂実紀人 著
A5判 128ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-1899-6
小学校教師
子どもがよろこぶ「遊びの活動」を取り入れた楽しい図工の授業を提案し、具体的な題材と大切なポイントを紹介。「イメージを広げる」「表し方を探求する」「見方や感じ方を深める」3つの「遊びの活動」で楽しむ図工の授業づくり。

目次

1.楽しい図工の時間にするために
(1)「遊びの活動」を取り入れる
(2)「学習環境」を工夫する
2.「遊びの活動」を取り入れた題材全集
  ◆イメージを広げる遊びの活動を取り入れた授業
(1)ムクムク でてきた!(低学年)
(2)なんだろう?このかたち(低学年)
(3)かくれてる どうぶつミッケ!(低学年)
(4)みんなの チョキした形から(中学年)
  ◆表し方を探求する遊びの活動を取り入れた授業
(5)糸切り名人 大発明(中学年)
(6)こんなところに行きたいな(中学年)
(7)手作りアニメ制作所(高学年)
(8)そっくりをつくろう(高学年)
(9)ホッと一息、癒しのランプシェード(高学年)
  ◆見方や感じ方を深める遊びの活動を取り入れた授業
(10)うつして かたち みいつけた(低学年)
(11)えほんと なかよし(低学年)
(12)お気に入りコレクション(低学年)
(13)アルプにちょうせん!(中学年)
(14)見つけた!にているところ(中学年)
(15)ああ、この瞬間(高学年)
(16)感覚の表現(高学年)
(17)浮世絵研究所(高学年)
3.「遊びの活動」を取り入れた図工の授業のポイント