特別支援教育 みんなで楽しむおすすめ音楽活動

倉弘光・上原淑枝 著
B5判 88ページ
定価(本体2,000円+税)
ISBN978-4-7619-1934-4
小学校教師
特別支援学級の音楽活動おすすめの22本をイラスト付きで掲載。子どもたちが「からだ」を軸に活動し、どの子も楽しく、どの子もしっかりと音楽の学びができる活動を紹介します。

目次

    まえがき
    ◆体を軸にした遊び
    1 「3時のおやつ」ゲームでリズムアンサンブル
      *かんたんなゲームを通して拍の流れに乗って打楽器の演奏を楽しむ。
    2 拍手ゲーム1「10回たたけるかな?」
      *クラス全員でタイミングを合わせて手拍子を楽しむ。
    3 拍手ゲーム2「1回だけたたこう!」
      *1人1回だけ拍手することで、できあがる音楽を楽しむ。
    4 あら不思議! 遊んでいるうちにわかる音符
      *「忍者ごっこ」(動きの模倣)を通して、4分音符、2分音符、8分音符の
       記号とその意味を理解する。
    5 パラシュートであそぼ!!
      *友達と一緒に一つのパラシュートを持って音楽に合わせて動くことを楽しむ。
    6 「おちゃらか」であそぼう!
      *日本の歌遊びを楽しむ。「強弱」や「速さ」などの変化を楽しむ。
    7 体でまねっこ、体でカノン
      *体の動きを使って、「カノン」の体験を楽しむ。
    8 「なべなべそこぬけ」であそぼう!
      *日本の歌遊びを楽しむ。「カノン」など音楽のしくみを体験する。
    ◆CDをかけて動く
    9 指揮っておもしろい!「カリンカ」
      *4拍子の指揮をしながら「カリンカ」のおもしろさを味わう。
    10 スカーフを持って踊ろう!「剣の舞」
      *音楽(「剣の舞」)の特徴をとらえて仲間と身体表現を楽しむ。
    11 ボールを持って踊ろう1「ノルウェー舞曲第2番」
      *緩―急―緩の仕組みでできている音楽を身体表現を通して体感する。
    12 ボールを持って踊ろう2「白鳥」
      *ゆったりしたフレーズや音の高さなどに特徴がある「白鳥」の曲想を
       身体表現を通して味わう。
    13 みんなで踊ろう!「おどるこねこ」
      *「問いと答え」の仕組みの面白さを感じながら「おどるこねこ」の身体表現を
       楽しむ。
    ◆楽器を使った活動
    14 リコーダーの困り感解決への手立て
      *リコーダーが苦手な子が取り組めるようにする。
    15 これでできる! きれいにまとめる! メロディ即興演奏
      *リコーダーや鍵盤ハーモニカを使って、短い旋律を即興で演奏する。
    16 トーンチャイムで遊ぼう!
      *トーンチャイムを使って、音楽あそびを楽しむ。
    17 カホンで遊ぼう!
      *カホンなどの打楽器で音楽遊びを楽しむ。
    18 和太鼓にチャレンジ!
      *和太鼓に親しみ、和太鼓の演奏を楽しむ。
    19 まだある! 面白楽器大集合!
      *授業で使える、ちょっとおもしろい楽器
    ◆合奏・合唱
    20 子どもの差に応じた合奏の方法
      *クラス全員が楽しく「きらきらぼし」の合奏をする。
    21 パートナーソングで遊ぼう!
      *2つの異なる曲を同時に歌い、そこに生まれるハーモニーを楽しむ。
    22 歌を歌おう大作戦
      *声を出して歌えるようにする。
    あとがき