これだけは知っておきたい『学び合い』の基礎・基本

三崎 隆 著
四六判 192ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-2056-2
小・中学校教師
『学び合い』の授業によって、自主的な学びが促され、子ども同士の関わり合いが活発になり、学力が向上する。20年後に社会の一員として、自分で考え判断し、創造的な仕事をしていくことができるよう、未来の子どもたちを育てる『学び合い』の基本理念を示した一冊。

目次

  1. まえがき
  2. 第1章 始める前に知っておきたい『学び合い』で大切なこと
    1. (1)どのような子どもたちに育てたいのか
    2. (2)『学び合い』によって、将来、どんな社会ができるのか
    3. (3)『学び合い』によって、将来、どんな人が育つのか
    4. (4)『学び合い』によって、心の中に平和がやってくる
    5. (5)『学び合い』によって、一人も見捨てない意識や態度が育つ
    6. (6)『学び合い』によって、国際社会が期待する子どもが育つ
    7. (7)『学び合い』によって、分け隔てなくみんなと一緒に学ぶ
    8. (8)バリアフリーな心を持って共に学ぶ集団づくりを目指す
  3. 第2章 始める前に知っておきたい『学び合い』の七つの心得
    1. (1)共生できる集団づくりには、みんなを求めることが欠かせない
    2. (2)共生できる集団づくりは、子どもを信じることから
    3. (3)グループ学習では共生社会の実現に向かわない
    4. (4)さあ、異質集団で共生社会の実現への第一歩を踏みだそう
    5. (5)困っている人を助ける魔法の言葉「一緒にやろう」
    6. (6)年に1回では、共生社会の実現に向かわない
    7. (7)『学び合い』の考え方で育った子どもたちが共生できる集団を創り出す
  4. 第3章 始める前に知っておきたい学校現場での「語りの処方箋」
    1. (1)『学び合い』はやめた方がいいと心配されたら、どう応えたらいいの?
    2. (2)学力を付けることを優先した方がいいと心配されたら、どう応えたらいいの?
    3. (3)学習規律をきちんと付けて授業した方がいいと心配されたら、どう応えたらいいの?
    4. (4)基本的なことはしっかり教えるべきだと心配されたら、どう応えたらいいの?
    5. (5)教材研究をしなくて大丈夫かと心配されたら、どう応えたらいいの?
    6. (6)まず、話し合いのルールを身につけさせた方がいいのではないかと心配されたら、どう応えたらいいの?
    7. (7)コミュニケーション能力をつけさせてからの方がいいのではないかと心配されたら、どう応えたらいいの?
    8. (8)クラスの人間関係ができてから実践した方がいいと心配されたら、どう応えたらいいの?
    9. (9)5年くらいはオーソドックスな授業をやって教師として力をつけてからの方がいいと心配されたら、どう応えたらいいの?
    10. (10)『学び合い』をやっていない学校に行ったら、どうしたらいいの?
    11. (11)『学び合い』を知らない周りの人たちが心配してくれたら、どう応えたらいいの?
    12. (12)現場のことを何も知らない初任者は『学び合い』は避けた方がいいと心配されたら、どう応えたらいいの?
    13. (13)『学び合い』をなかなか分かってもらえなかったら、どう応えたらいいの?
    14. (14)グループ学習と同じじゃないかと心配されたら、どう応えたらいいの?
    15. (15)保護者会で、どう説明したらいいの?
    16. (16)保護者の心配や不安に、どう応えたらいいの?
    17. (17)自分の子だけをなんとかしてほしいと懇願する保護者の不安に、どう応えたらいいの?
    18. (18)授業形態の変更に対する心配や不安に、どう応えたらいいの?
    19. (19)宿題を出した方がいいのではないかと心配されたら、どう応えたらいいの?
    20. (20)担任の先生が変わった時に子どもたちは対応できるのかという心配や不安には、どう応えたらいいの?
  5. あとがき