特別支援教育ONEテーマブック10

気になる子のためのキャリア発達支援

菊地一文 著
A5変型判 96ページ 定価(本体1,200円+税)
ISBN978-4-7619-2182-8
小・中学校教師
障害のある子どものキャリア教育をどのようにとらえ、どのように展開していったらよいのか。先生方のそんな疑問や悩みに、子どもたち一人一人の「キャリア発達を支援する」という視点から、押さえておきたいキーワード、具体的実践を交えて、お答えします。

目次

刊行にあたって
はじめに
1章 「キャリア」とは
キャリア教育への誤解
キャリアの語源
ライフ・キャリアの虹
2章 「キャリア教育」とは
「キャリア教育」の定義
キャリア教育のふたつの意味
十分な教育とキャリア教育
特別支援教育分野におけるキャリア教育への注目の高まり
3章 子どもたちの「思い」から「キャリア発達」を考える
「言われたいことば」と「言われたくないことば」
さまざまな「思い」
「学ぶこと」は「生きること」と教えてくれたAくん
誰もが「役割」を有することを教えてくれたKさん
4章 「キャリア発達支援」において押さえておきたいキーワード
態度
「自己肯定感」「自尊感情」「自己有用感」
自己理解
生活年齢相当の対応の必要性
意思決定
対話の必要性と問い
「開かれた問い」と「閉じられた問い」
5章 「本人の願い」から「キャリア発達支援」を考える
子どもたちのさまざまな「夢や希望」
6章 「キャリア発達」を促す実践
1.「ありがとう」の貯金
2.「先輩へのあこがれ」と「いまの自分に必要なこと」
3.「相談」することの大切さ、そして「よさ」
4.「違い」という「垣根」を超えて学び合うことの意味
まとめにかえて
おわりに