アクション・リサーチによる若手教員の育成

教師の自己成長をどう図るか

末吉雄二 著
A5判 144ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-2183-5
小学校管理職
近年、小学校ではいじめ、不登校、暴力行為など問題行動が多発し、学級経営が難しくなる一方、新規採用教員の増加で、それらに対応できず、混乱に陥るケースが目立っている。著者は小学校校長時代に「アクション・リサーチ」の手法を用いて、高学年担任の若手教員の力量向上に成功した。その実践を研究書としてまとめた。

目次

 はじめに
序章 高学年指導の意義と研究
 第1節 なぜ高学年の指導を問題にするのか
 第2節 高学年児童と担任のかかわりについて
1 高学年児童の思春期
2 教師に求められる資質・能力と高学年担任の指導性
 第3節 アクション・リサーチによる調査について
I アクション・リサーチ
 1 アクション・リサーチとは
 2 アクション・リサーチの調査方法
 3 アクション・リサーチの手順
 4 アクション・リサーチによる学級活動にかかわる研究の在り方
 5 アクション・リサーチによる実践例
II データ収集方法としてのエスノグラフィー
第1章 研究にあたって前提とした学級経営観・児童観・教師観
 第1節 学級経営観
1 学級経営観
2 学級経営の基礎基本
3 学級担任と特別活動
4 高学年の学級経営
 第2節 児童観
1 学校・家庭の視点からみた児童の変化
2 今日の家庭ケースワーカーからみた高学年児童の理解
 第3節 教師観
第2章 アクション・リサーチによる学級経営研究の実践
 第1節 研究方法と調査対象
1 研究方法
2 調査対象
 第2節 X教諭と児童との関係,および諸調査の分析と考察
1 X教諭の事例選定の理由
2 5年次における児童の様子
3 X教諭の6年次の学級経営
4 X教諭における教育指導者としての「指導力」についての資質・能力等の意識調査の実施
5 X教諭と児童とのかかわり
6 児童へのインタビュー調査
7 児童に対する担任についてのアンケート
 第3節 授業観察と指導内容によるX教諭の変容
 第4節 X教諭と児童のかかわり(変容確認)調査結果と分析及び考察
第3章 成果と課題
 第1節 何がわかったか
 第2節 X教諭の変容について
1 若い教師の成長
2 筆者とX教諭とのかかわり
3 アクション・リサーチの効果
4 高学年児童の指導力の付け方
 第3節 若手教員の成長に向けて
 引用文献