教育の未来を見つめる 学事出版

書籍

学校福祉論入門

学校福祉論入門
多職種協働の新時代を切り開く

鈴木庸裕 著

A5判 136ページ 定価1,980円(本体1,800円)
ISBN978-4-7619-2735-6
大学生,大学院生

ソーシャルワークのある学校社会の創造という視点から、教師と共に「学校で仕事をする」多職種に共通する価値や目的、方法論的な基礎をとりあげる。

目次

はじめに 学校における福祉的機能をめぐって

第1講 学校における多職種協働の時代をつくる

  1. 生活指導研究における多職種連携
  2. 「チーム学校」論時代の協働文化
  3. 東日本大震災からの多職種協働
  4. 児童虐待をめぐる協働の視点
  5. いじめの重大事態調査における多職種連携
  6. これからのチームアプローチを考える

第2講 学校福祉の創造と生活指導論の転換

  1. 学校福祉の科学、技術、実践主体
  2. 学校における子どもの生活の質(QOL)の向上
  3. 環境としての発達支援~克服環境の一員としての専門職性~
  4. 生活指導の転換

第3講 学校福祉と特別ニーズ教育との接点

  1. 教育実践と権利擁護(アドボカシー)の架け橋
  2. 通常教育と障害児教育の共同化
  3. 教育の福祉的機能と子どものしあわせ
  4. 当事者本位の教育方法

第4講 生徒指導と学校福祉事業の問題史的検討 ガイダンス論導入期をめぐって

  1. 制度的な対立を乗り越えるには
  2. 戦後新教育のガイダンス運動と生徒指導
  3. 学校福祉事業の学校論と子ども観
  4. 「すべての子ども」へのまなざし

第5講 多様な困難を抱える子どもへの支援

  1. 教育課題の中軸としての「子どもの貧困」
  2. 「困難を抱える」から「困難を経験している」へ
  3. 困難の把握を曖昧にするカテゴリー
  4. ソーシャルワークから考える困難への接近

第6講 子どもの貧困における「子ども理解」 東日本大震災後の「支援」をめぐって

  1. 今日の子どもの貧困理解
  2. 福島の子どもたちを読み取るには
  3. 震災後のスクールソーシャルワーカーらの記録から
  4. 子どもの貧困を生きづらさとしてとらえ直す

第7講 学校教育における多職種連携と人材育成

  1. 多職種連携への関心
  2. 多職種連携の内発性を問う
  3. 教育と福祉のボーダーレスをめぐる実践
  4. 学校完結から地域完結、子ども社会完結へ
  5. 子どもの学習環境の保障

おわりに 子どもたちが学校と福祉をつなぐ そのパートナーとしての学校福祉士

  1. 「教育支援職」の広がりの中で
  2. 学校とともにあるソーシャルワーク
  3. スクールソーシャルワーカーにとっての「教育実践」
  4. 「かさなり」を発見する学校福祉士の存在
  5. 本書の初出一覧