教育の未来を見つめる 学事出版

書籍

通常学級『自立活動』の発想による指導

つなぐ・つなげるインクルーシブ教育
かかわりの中で育つ

通常学級『自立活動』の発想による指導

土居裕士 著・青山新吾 編集代表

A5判 112ページ 定価1,760円(本体1,600円)
ISBN978-4-7619-2751-6
小学校教師

通常学級における自立活動的な指導を『自立活動』の発想による指導として整理し、具体的な指導の実際をエピソードベースで示す。

目次

刊行にあたって

はじめに

序章 ある教室の光景

第1章 自立活動とは

01 自立活動の目標

02 自立活動の内容と指導

03 自立活動による指導の必要性

04 自立活動と合理的配慮

05 自立活動の対象

第2章 『自立活動』の発想による指導とは

01 インクルーシブ教育システムと6.5%の子どもたち

02 通級による指導の現状と潜在的な対象者

03 『自立活動』の発想による指導

  1. 指導の“ものさし”
  2. “ものさし”による連携

04 カウンセリングとガイダンスによる指導

  1. カウンセリングによる指導
  2. ガイダンスによる指導

第3章 『自立活動』の発想による指導の実際

01 授業外における指導の実際

  • エピソード1 ダメ人間
  • エピソード2 やめないといけない。でも、やめられなかった
  • エピソード3 シャツ王子

02 授業内における指導の実際

  • エピソード4 で。どうしようか?
  • エピソード5 今日のルールって、何だっけ?
  • エピソード6 何を描いたらいいか、わからない
  • エピソード7 これは、Fさんが言ってたんだけど

03 授業内と授業外における指導の実際

  • エピソード8 もしかしたら、もしかしたらね
  • エピソード9 ……2点ぐらいかな
  • エピソード10 勉強嫌い。学校も楽しくない

終章 『自立活動』の発想による指導がもたらすもの

おわりに

巻末資料