教育の未来を見つめる 学事出版

書籍

子どもが主役の学級通信の作り方 小学校編

子どもが主役の学級通信の作り方 小学校編

中井俊之 著

B5判 160ページ 定価2,420円(本体2,200円)
ISBN978-4-7619-2833-9
小学校教師

日常生活の見える化で、子どもも保護者もハッピーに! 学級通信コンクールで絶賛された学級通信「みんなの教室」のすべてを書籍化。学級通信の基本だけでなく、発行を継続する工夫やポイントも満載。

目次

●prologue

学校と家庭をつなぐには

何を書いていいか分からない

「成長のプロセス」に価値がある

情景を共有する

見えないものを見せるには

第1章 学級通信作成の技術

  1. 通信の書き方(基本編)

    学級通信の各部の役割やポイント

    通信作成の手順

    昔の失敗通信

  2. 定番の記事を作ろう

    定番の記事で通信作りをルーティーン化

    メインとなる記事

    今日の一枚

    事務連絡

    担任のコラム

  3. 写真の載せ方

    読者が見えないものを見せる写真を

    「プロセス」を伝える写真

    学びの様子を伝えたい時

    読者に想像させる写真もGood

    子ども目線の写真は面白い!

  4. 見出しの作り方

    見出しは紙面の声

    見出しの種類

    見出しの種類でフォントを変えよう

    見出し作りのポイント

  5. 通信の書き方(応用編)~読者と情景を共有するための工夫~

    同じ情景が浮かぶように

    通信の両面を使えば、伝えたいことは2倍以上に!

    裏面に何を載せる?

    デジタルとの懸け橋に

第2章 学級通信のシステム作り

  1. 継続的に通信を出すコツ

    出したいけど、続かない…

    ネタ元を常備

    紙面は2本立て(生活+学習)

    行事は事前に記事を組んでおく

    いつ通信を書くか?

    歩きながら一人編集会議

    一気に1号作らなくてよい

  2. 保護者の声

    読んでくれている読者を大切に

    第1号の担任紹介

    家庭訪問の前には「家庭訪問号」

    「保護者会号」を作る

    参観日で「ふり返りカード」を書いてもらう

  3. 職員室でも通信を配ろう

    見えないものを見えるように

    職員室にも読者はいる

    給食は鉄板ネタ!

    お世話になった先生に、一言添える

    同僚と通信を交換してみよう

第3章 学級集団づくりにおける通信の活用

  1. 学級開きで大切にしていること

    第1号は、関係づくりの第一歩

    5分で作れる第1号

    相手より先に自分を出そう

    保護者会までに“球数”を稼ぐ

  2. 学校行事と学級通信

    行事は特別な紙面で!

    見出しの組み方をいつもと変えよう

    行事の前にあらかじめ紙面を作っておく

    載せたい写真を考えておこう

    載せる文章は、短くて済むものを

  3. 学級経営と連動させよう

    学級の今を映し出す

    一人ひとりの日常にスポットライトを当てる

    教室の空間を描く

    学級目標ができるまでを描く

第4章 子どもの生活指導における通信の活用

  1. 通信で成長のストーリーを描く

    節目の時期にはふり返りを

    休み前のふり返りは特に大事!

    担任のふり返りも書いてみよう!

    成長のストーリーを描く通信

  2. 通信で教育相談

    心の成長をうながす7つのポイント

    「ふり返りノート」を活用した紙上個人面談

    紙上個人面談と学級通信掲載の概要

    書いて、共有

    分散登校、休み明けのふり返り

  3. 通信は子どもと向き合うトレーニング

    誰に向けて書くか?

    子どもたちは誰に向けて書いているか?

    コラムは、I・メッセージで

    担任コラムの実際

第5章 こんな時どうする?

  1. 配布する時は?

    配布して終わりではない

    通信は読み聞かせしてあげよう

    隅々まで読ませる工夫

    名前のミスをなくすには

    大事な連絡をしたい時

  2. タイトルに悩んだ時は?

    タイトルに担任のこだわりを

    歴代の通信のタイトル

    タイトルの由来を語れるように

  3. 見た目がさびしい時は?

    プロのレイアウトの仕方をマネしてみる

    写真の構図を工夫してみる

●COLUMN

  1. 学級通信で伝えたいこと
  2. 学級経営と学級通信1
  3. それでも書き続けたワケ
  4. 学級経営と学級通信2
  5. 学級通信を出す教師は、絶滅危惧種!?

●巻末付録 1年間に発行した(ほぼ)全通信

(主に2020年度のもの)

4月/5月/6月/7月/9月/10月/11月/12月/1月/2月/3月/号外

●epilogue あなたらしい通信をぜひ見つけてください!