教育の未来を見つめる 学事出版

書籍

ジェネレーター

ジェネレーター
学びと活動の生成

市川 力・井庭 崇 編著

四六判 256ページ 定価2,860円(本体2,600円)
ISBN978-4-7619-2834-6
小・中・高校教師

ジェネレート=生成するとはどういうことか。「指導」や「ファシリテート」とは違う、新しいものを生み出す存在になるための1冊。

目次

はじめに―ジェネレーターの森を散策する

第1部 ジェネレーターの誕生

■Episode01 生成―Becoming―井庭 崇

創造的コラボレーションの担い手・ジェネレーター

  • ジェネレーターは内側に入って、ともに活動する
  • 生成 becomingを促す・生きる
  • ジェネレーティブ・パーティシパントという言葉の誕生
  • 映像のマジックに魅了された中高時代
  • プロデューサー兼ディレクターという役割
  • グループワークにのめり込んだ大学時代
  • プロデューサー兼ディレクターとしてチームで研究に取り組んだ大学院時代
  • 大学教員になって―「コラボレーション技法」という授業
  • 教員/学生という非対称性と個人研究という壁
  • 学生とコラボレーションして研究するスタイルの確立
  • 市川さんとの出会い―ジェネレーター概念の誕生
  • ティーチャー、ファシリテーター、そしてジェネレーターへ
  • 創造のスパイラルを生成する
  • 意味を増幅・共鳴させる場をつくるジェネレーターシップ
  • 相互ジェネレートによるエネ返し

■Episode02 起源―Origin―井庭 崇

語源から考えるジェネレーターシップ

  • 「generate」などの言葉の語源を紐解く
  • 「generator」という言葉の歴史
  • conduct・educate・produceの語源的意味
  • createとmakeの違い
  • 日本語の「生成」の語源
  • 哲学的に見た「生成」
  • システム理論から見た「生成」

■Episode03 創造社会―Creative Society―井庭 崇

ジェネレーターが求められる社会とは

  • 3つの「C」で見る社会の変化
  • 「つくる」ことが豊かさを象徴する創造社会
  • 創造社会の到来
  • 自分でつくることができる社会、つくらなければならない社会
  • 四半世紀で世界は大きく変わる
  • 極度の分業による分断化
  • 創造実践を行う複合としての自分
  • 自由な創造実践を支えるパターン・ランゲージ
  • 創造のコラボレーションを促進するジェネレーター
  • 形骸化した仕組み・制度をつくりなおすためのパターン・ランゲージとジェネレーター
  • プラグマティズム型の創造的民主主義の時代
  • 社会を変える方法―ヴォイスとイグジットから、ジェネレートとリフレームへ
  • 自分たちで自分たちの課題を解決し、よりよくするためのジェネレーター
  • 「大きく」「一気に」ではなく、「小さく」「じわじわ」ジェネレート
  • ひたすら「愚」直に「つくる」道を歩むのがジェネレーター
  • 人間関係を超えた自然・創造・ファンタジーの世界へ飛び出ること

第2部 ジェネレーターの役割

■Episode04 なりゆきをつかむ―GRASP―市川 力

ジェネレーターという「あり方」の発見

  • ジェネレーターという発想の原点となったプロジェクトのやり方
  • 「ジェネレート」とは子どもを駆り立てること
  • 「好き」と「好奇心」の違い
  • 「好奇心」を開くためにともにたくらむ
  • たくらむ中で自然にジェネレートする「知識獲得」モード
  • つら楽しいことを面白がる存在
  • 子ども「を」つかむのではなく、子ども「と」「見えないなりゆき」をつかむのが「GRASP」
  • 「GRASP」の「G」は「ガイド」すること
  • 「Guide」したら「Release」 解き放ち、待つ
  • 思いつき・発見を「A=Accept」することで生まれる信頼感
  • 「変」なのがいい
  • 相手を巻き込むならまずこちらが盛り上がる
  • 失敗も無様な部分も「さらけ出す」のが「Show」
  • 本物を「見せて」「魅せる」機会をつくる
  • 「一蓮托生」の場に「参加=Participate」する
  • 面白がりの「伝染」
  • 「ジェネレーターシップ」を発揮している人の3つのふるまい
  • 不確実な状況を「Accept」するジェネレーター
  • 発見の連鎖をとめないように率先して引き受けるのがジェネレーター
  • ジェネレーターは「5つの禺=5G」を追いかける
  • ひらめき・偶然は心をオープンにして没入したときに飛び込んでくるもの
  • ジェネレーターは二者択一せず矛盾・対立をパラレルで追いかける
  • ジェネレーターは「ユーモア」で思「枠」はずし
  • もうひとつのリアルこそファンタジー
  • 「もうひとつの世界」という「仮説」を生み出すファンタジーの力
  • ジェネレーターはみんなで試し、作り直して、不確実な状況で企て続け、変わり続ける
  • ジェネレーターはなんとなくの方向性という北極星をたよりに見えないなりゆきを進む

■Episode05 中動態―Middle Voice―井庭 崇

ジェネレーターのふるまいの根本にあるもの

  • 創造のコラボレーションに参加するジェネレーター教師のあり方 井庭研での事例
  • 相手を評価する学びから、学生たちとともに対等な立場で創造し、高みを目指す学びへ
  • ジェネレーターのトリックスター性
  • 他者への評価の仕方で自分も評価されるのがジェネレーターシップ
  • ジェネレーターの生成の場となる―中動態としてしか表せない出来事
  • 自己の「内側」と「外側」が一体化して「参加」するのがジェネレーター
  • 「私」と「私のすること」を引き裂いた近代社会
  • 自分をものさしとして自分を計測するジェネレーター
  • 西洋的ロゴスの思考を乗り越えて、何かを感じる人になる
  • ジェネレーターは没入し、自分が場の一部となって発見の連鎖に加担する
  • ジェネレーターシップの「定義」

■Episode06 場の力―Field Force―市川 力・井庭 崇

ジェネレーターとともにつくりだす舞台

  • ジェネレーターはプロジェクトの場への「生成的な」参加のあり方
  • 日常所属している組織の変革よりも「鎧」を脱げるささやかな場をつくることが先決
  • 大人と子どもが一緒に企み、思いつきを解き放つ場をつくる
  • 教育場面におけるファシリテーターのマインドとジェネレーターのマインドの使い分け
  • 目先の成果を追わず、つら楽しく生成し続ける場をつくるのがジェネレーター
  • 強者と弱者が生まれないフラットな関係を生み出すメタメタマップ
  • 創造に真剣に向きあい、ジェネレーターも参加者も対等にしのぎを削る場
  • ジェネレーターシップを発揮しやすい人数サイズ
  • 一対一でのジェネレーターもある
  • プロジェクトの場にジェネレーターは何人いてもかまわない
  • とまどいと問いを与える「場」をつくり、トリックスターとしてふるまうジェネレーター
  • よりよい作品をともにつくり込むガチのジェネレーター
  • とらえ直しのショートパスを出し続けるジェネレーター
  • ジェネレーターは機能であり、属人的特徴ではない
  • 感情的にポジティブなのではなく、創造の「場」という「舞台」に巻き込まれている

第3部 ジェネレーターの成長

■Episode07 なりきる―Mimesis―市川 力

なりきリフレームで意味づける

  • ジェネレーターはリフレームして面白がる
  • なりきリフレームというワーク
  • 自分なくしによる思「枠」はずし 無責任になる
  • 予想外の自分が浮かび上がる「なりきリフレーム」
  • フィクションの「木を植えた男」が「なりきリフレーム」を引き起こし現実を動かした
  • 対象になりきって俳句づくり なりきり俳キング
  • 四コマなりきリサーチで推理
  • 目の前にあるちょっとした不思議に眼を向けて「なりきリフレーム」することを習慣化
  • 「面白いふり」をするのではなく「面白くしてしまう」のが「面白がる」こと
  • 新たな意味でとらえなおし「リフレーム」するための知識獲得

■Episode08 歩き、つくる―Walk and Work―市川 力

あてなき探索を続け、あるべきカタチを追究するジェネレーター

  • Feel度 Walk 歩くと場から感じる感度が高まる
  • 歩き愛でスイッチがONになるのがジェネレートの始まり
  • 発見の拡張 Discovery Driven Expanding
  • なんとなく気になることを写真に撮る Feel度 WalkでMy Discovery
  • My Discoveryのシェアが生み出すYour Discovery
  • 発見がひとつに合わさるOur Discovery
  • 個人を「モチベーション」することより「発見」を「面白いね!」と認めあうこと
  • Feel度 Walk・Focus Walk・Ferment Walkという探索・試行・表現
  • 歩くように試行し、思考する
  • プロジェクトというWork
  • 発見のFeel度が高まるWork~カオス研究の事例~
  • 出「遇」いと出「遇」いがつながって生まれる「偶」に導かれるFusion Work
  • 質の高い、あるべきカタチを目指して作品化して表現するFantasy Work
  • Fusion Work・Fantasy Workのための読書
  • ありふれたものに新たな光を当てて手近なWorkを始める
  • ジェネレーターシップはWalkとWorkの積み重ねの末に「持つに至る」もの

■Episode09 仲間―Collaboration―市川 力

仲間とたくらむ「コ」Laboレーション

  • 発見の「拡張」は発見の「コ」Laboレーション
  • 合わせず、ズレて重ねる対話で発見の「コ」Laboレーションを促す
  • 「コラボレイト」は「コー+レイバー」 つら楽しいプロセスから生まれる「連帯感」
  • 同じ思いを持つ小さい「仲間」をつくり実験的にチャレンジする
  • 生煮えの思いや実践を共有し、出会い、学び続けるコミュニティ We are Generators
  • 学びと活動を生成し続けるジェネレーターシップに満ちた社会

おわりに―あなたは「変」人 ジェネレーター