教育の未来を見つめる 学事出版

書籍

学習社会研究 第4号

学習社会研究 第4号
学習社会とダイバーシティの推進

日本学習社会学会 編

A5判 184ページ 定価2,420円(本体2,200円)
ISBN978-4-7619-2843-8
研究者,教師全般

生涯学習が実現した「学習社会」における学習のあり方や実践を追究する学会誌。第4号では、ダイバーシティと学習社会との関係に焦点を当てた論稿を9本掲載。

目次

特集:学習社会とダイバーシティの推進

刊行にあたって/吉田尚史・岩﨑正吾

◆研究論文

〈I部 ダイバーシティを問う〉

  • 日本の基準カリキュラムにおけるダイバーシティの視点―SDGsの枠組みから見た幼稚園教育要領の検討を手がかりとして―/吉田尚史
  • ユネスコ学習都市構想における包摂の理解に関する一考察―第4回学習都市に関する国際会議の内容を手がかりに―/赤尾勝己
  • 多文化教育におけるダイバーシティの探求―ロシアにおける多文化教育の生成と展開―/岩﨑正吾

〈II部 教師教育とダイバーシティ〉

  • ダイバーシティをめぐる教師教育の課題―教師エージェンシー概念による日英比較分析―/佐藤千津
  • ポストコロニアルの視点から組織するオーストラリアの先住民族主体の教師教育/前田耕司
  • 契約雇用教員をめぐるインド指定トライブ・モンパのコミュニティーの教育問題/新関ヴァッド郁代

〈III部 子ども支援とダイバーシティ〉

  • 子どもの貧困問題の改善に向けた学習・生活保障における課題―学校と学習支援事業者に着目して―/柏木智子
  • 子どもの貧困と基礎自治体の施策―東京都荒川区における行政と地域団体との協働をめぐって―/新保敦子
  • 言語障害児支援における北海道言語障害児教育研究協議会の創設とその組織特性―「専門職の学習共同体」概念による分析―/田中 謙

『学習社会研究』編集規程

『学習社会研究』投稿等要領

編集後記/岩﨑正吾