教育の未来を見つめる 学事出版

書籍

チームで解決!理不尽な保護者トラブル対応術

チームで解決!理不尽な保護者トラブル対応術

齋藤 浩 著

四六判 228ページ 定価1,980円(本体1,800円)
ISBN978-4-7619-2851-3
教師全般

難しい親には「役割分担とシナリオ」でうまくいく! 教師個々では難しくても、教師間で役割分担を行い、相手の特徴や言動の中身を見極めた上でシナリオ(想定問答集)を作成する、戦略的な対応術を解説。
※「理不尽な保護者への対応術」(2019年刊行)を修正・加筆し、改題したものです。

目次

はじめに~大切なのは役割分担とシナリオ~

1章 一向に減ることがない保護者対応

  1. 従来の対応策は効果をあげているのでしょうか?
    • ドラマのようにカッコよく解決?
    • 教師は苦情対応のプロではない
  2. どうやって自分の身を守るのでしょうか?
    • 下手に出るしかない
    • 最後は辞めるしかない

2章 やはり話し合いで解決するしかない

  1. 話し合いで本当に解決するのでしょうか?
    • とうとう教師が親を訴えた
    • そう簡単には話し合いにならない
    • それでも話し合いを
  2. 現場に何が足りないのでしょうか?
    • 将棋に見られる役割分担
    • 戦略と駆け引き
  3. 話し合いに向かうには、どんな戦略が効果的でしょうか?
    • 保護者の特徴と主張を徹底分析
    • あくまでも教師目線の分類(3グループ8パターン)

■グループ1 「教師の心を踏みにじる」クレーム

■グループ2 「トンチンカンな」要求

■グループ3 「クレームや要求は伴わないがモラルのない」言動

3章 8パターンでチームで解決!

●パターン1 何でも悪く受け取るシゾイド型クレーマー

  1. 誠意だけでは通じない
  2. どうせ悪意と受け取るなら、こんな対応を

事例1『(実際にはイジメを受けていないのに)自分の子だけイジメを受けているんです』

事例2『ウチの子が登校拒否になったのは、全て学校のせいでしょう』

●パターン2 教師をギャフンと言わせたいナルシスティック型クレーマー

  1. 教師を打ち負かしたい相手だと知る
  2. 人より優位に立ちたい保護者には、こんな対応を

事例1『担任が新米教師だからクラスが落ち着かないんじゃないですか』

事例2『あの程度の教え方なら私にだってできます。もっと勉強させてください!』

事例3『リレーの審判もできないのか?』

事例4『先生を訴えさせていただきますが、それでよろしいですね』

●パターン3 我が子中心の身勝手な要求

  1. あくまでも我が子中心
  2. グーの音も出ない説明を

事例1『次はウチの子が合唱コンクールのピアノ伴奏になれるようにしてほしい』

事例2『学芸会の主役決めのオーディションを見せてほしい』

事例3『ウチの子はそそのかされただけなので、今回は大目に見てください』

●パターン4 教育とは関係のない要求

  1. 過去の常識が通じない
  2. 毅然と断る勇気を

事例1『子犬のもらい手をさがしてほしい』

事例2『保険に入ってほしい』

●パターン5 親としての責任を放棄した言動

  1. 見栄も外聞もない
  2. スペシャリストが対応を

事例1『給食費の未払い』

事例2『遅刻や欠席の連絡をしない』

●パターン6 行き過ぎた過保護と過干渉

  1. 過保護も過干渉も自己中心的思考
  2. 材料を明示して論理的な説明を

事例1『小さなケガでも学校の責任だと言って大騒ぎ』

事例2『(実際にイジメに加わっていても)悪いのは他の子でウチの子は悪くない』

●パターン7 教師への暴言や暴力

  1. 教師には何を言ってもよいという風潮
  2. 場合によっては法的措置を

事例1『教師の名前を平気で呼び捨てにする』

事例2『どけ、ブタ!』

●パターン8 どう見ても非常識な言動

  1. 子どものためより自分の欲求
  2. 毅然とした方針を

事例1『運動会での飲酒、喫煙』

事例2『おしゃべりやガムを噛みながらの授業参観』

おわりに~あまりに無頓着な教師の傷~