教育の未来を見つめる 学事出版

書籍

今すぐできる日本の音楽授業プラン

ライブ! 音楽指導クリニック5
今すぐできる日本の音楽授業プラン
伝統音楽から歌唱共通教材まで

城 佳世・田中健次 編著/八木正一 監修

A5判 168ページ 定価1,980円(本体1,800円)
ISBN978-4-7619-2853-7
小・中学校教師

だれでも日本の伝統音楽の指導ができる授業プランを紹介。電子黒板・タブレットですぐ使えるデジタル教材が満載!(QRコード付き)

目次

監修のことば

はじめに

第1章 音楽科教育と日本の音楽

第1節 どうして日本の音楽を勉強するの?

  1. 私たちの国の音楽や芸能だから
  2. 日本の音楽、日本の芸能とはどのようなものかがわかるから
  3. 音楽や芸能をとおして、日本の生活や社会を知ることができるから
  4. 文化伝承の役割があるから

第2節 日本の伝統音楽をわかりやすくまとめてみた!!

  1. なぜ日本の伝統音楽は多種多様なのか
  2. 日本の音楽の歴史

第3節 歌唱共通教材を歌う理由

  1. 伝承すべき日本の文化だから
  2. 未来へ伝承したい日本のうただから

第2章 雅楽

第1節 雅楽はどこからやってきた?

  1. 雅楽の発生
  2. 雅楽の日本化
  3. 雅楽から生まれた言葉
  4. 雅楽の楽器

第2節 雅楽の授業プラン―世界の雅楽の聴き比べ―

第3章 能

第1節 能は仮面をつけた幽霊ミュージカル

  1. 能は異次元ワールド
  2. 能の音楽
  3. 能の衣装と面
  4. 能と狂言

第2節 能の授業プラン―音楽と舞のコラボレーション―

第4章 歌舞伎

第1節 歌舞伎はパクリの総合芸術

  1. 歌舞伎の音楽
  2. いつの時代も歌舞伎役者は大人気!

第2節 歌舞伎の授業プラン―下座音楽づくりにチャレンジ―

第5章 文楽

第1節 文楽と人形浄瑠璃は同じ?

  1. 文楽と人形浄瑠璃
  2. 人形浄瑠璃のおもしろさ
  3. 文楽と歌舞伎
  4. 義太夫

第2節 文楽の授業プラン―太夫はスーパー声優―

第6章 民謡

第1節 正しい民謡の歌い方とは

  1. 民謡について
  2. 民謡の歌い方と形式
  3. 移動して変容する民謡

第2節 民謡の授業プラン―世界の民謡聴き比べ―

第7章 邦楽器

第1節 箏―「八つ橋」は箏のかたち―

  1. 筝の歴史
  2. 箏の流派
  3. 宮城道雄さんについて

第2節 箏の授業プラン―日本の風景を箏で表現―

第3節 三味線―大胆なモデルチェンジ―

  1. 三味線の伝来
  2. 三味線の音楽

第4節 三味線の授業プラン―ビーンという音に聴き耳をたてて―

第5節 和太鼓―日本にあるさまざまな太鼓たち―

  1. 長胴太鼓
  2. 桶胴太鼓
  3. 締太鼓
  4. パーランクー
  5. 組太鼓

第6節 和太鼓の授業プラン―和太鼓アンサンブルにチャレンジ―

第7節 尺八―首振り三年 コロ八年―

  1. 尺八と禅
  2. 虚無僧が尺八を普及
  3. 尺八と味噌

第8節 尺八の授業プラン―リコーダーは尺八になれるか―

第8章 歌唱共通教材

第1節 「赤とんぼ」―芸術歌曲ってどんなうた?―

  1. 作詞家 三木露風さんについて
  2. 作曲家 山田耕筰さんについて

第2節 「赤とんぼ」の授業プラン―うたの主人公になりきって―

第3節 「荒城の月」―「荒城の月」のモデルはどこ?―

  1. 「荒城の月」のモデルは?
  2. 土井晩翠さんと詩
  3. 多方面にわたる滝廉太郎さんの作曲

第4節 「荒城の月」の授業プラン―ファン対決 滝廉太郎 VS 山田耕筰―

第5節 「早春賦」―中田章さんと中田喜直さん―

  1. 作詞家 吉丸一昌さんについて
  2. 早春賦の意味
  3. 作曲家 中田章さんについて

第6節 「早春賦」の授業プラン―作者に届ける演奏を―

第7節 「夏の思い出」―尾瀬はいつ国立公園に?―

  1. 「夏の思い出」ができるまで
  2. 中田喜直さんのこと

第8節 「夏の思い出」の授業プラン―どのピアノ伴奏がぴったりかな―

第9節 「花」―競技用ボートをながめて―

  1. 滝廉太郎さんと「花」について
  2. 作詞家 武島羽衣さんについて

第10節 「花」の授業プラン―一点豪華主義で素敵な合唱を―

第11節 「花の街」―町と街はどうちがう?―

  1. 江間章子さんと「花の街」について
  2. 團伊玖磨さんのこと

第12節 「花の街」の授業プラン―「変わった曲」?だがそこがいい―

第13節 「浜辺の歌」―意味不明な3番―

  1. 「浜辺の歌」は3番まであった
  2. 林古渓さんと成田為三さんとの関係

第14節 「浜辺の歌」の授業プラン―想いを波にのせて―