教育の未来を見つめる 学事出版

書籍

教師の育て方

教師の育て方
大学の教師教育×学校の教師教育

武田信子・多賀一郎 著

四六判 136ページ 定価1,980円(本体1,800円)
ISBN978-4-7619-2855-1
教師全般

公立小中高、特別支援学校全体の5.8%が教員不足、教員採用試験の倍率が2.6倍と過去最低を更新し続ける中、大学・学校現場は、教師をどう育てればいいのか。現在・未来に通用する「教師の育て方」を、大学と学校現場からリアルに問う!

目次

はじめに

序章 スタートはここから

  • 対話のきっかけ

第1章 教師教育は「誰が」担うのか

  • 実務家教員と研究者教員
  • 大学教員が実践的であるために
  • 学校の先生が大学で教えるときに必要な視点
  • Column 「教師教育者」ということばについて

◇ワーク01 大学教育と学校教育の違い

第2章 教師教育は「何を」すべきなのか

  • 新しい教育モデルが必要になっている
  • 教師教育は何をすべきなのか~理想のカリキュラム~

◇ワーク02 大学生・若手教員に不足していることからカリキュラムを考える

第3章 これからの教師モデルとは

  • ベテランの教育技術は不要か
  • 結局はセンスの問題なのか
  • これからの教師モデルは、リフレクションがカギ
  • スーパーティーチャーはいらない

◇ワーク03 授業のリフレクション

第4章 教師教育者の専門性開発

  • 教師教育者が伝えるべき知識や技術とは
  • 教師教育者の専門性開発が必要

◇ワーク04 教師教育者の専門性

第5章 教員養成が危機的な状況にある

  • 教員養成の現状
  • 教員採用試験はどうあればいいのか
  • 教員のレベル低下の問題

◇ワーク05 これからの教員養成・教育実習のあり方

終章 子どもたちの変化からこれからの教師教育を考える

  • 子どもが変わってきた
  • 教師も変わってきた

◇ワーク06 子どもを捉える

おわりに