教育の未来を見つめる 学事出版

書籍

30分で会議が終わる!職員室に変化を起こすブリーフミーティング

30分で会議が終わる!職員室に変化を起こすブリーフミーティング

鹿嶋真弓・石黒康夫・吉本恭子 編著

B5判 160ページ 定価2,970円(本体2,700円)
ISBN978-4-7619-2865-0
教師全般

30分で終わる解決志向の会議「ブリーフミーティング(BM)」の考え方、進め方を具体的な事例とともに伝授。学校における働き方改革に繋がる!

目次

はじめに

序章 ブリーフミーティングとは

ブリーフミーティングは、変化を起こすための会議方法

ブリーフミーティングの特徴

第1章 会議が変われば職場が変わる!

●働き方改革のはじめの一歩は、会議を変えることから

  1. いまなぜ、ブリーフミーティングなのか
  2. 30分でここまでできる
  3. 誰もが当事者
  4. 解決像に意識を集中~解決志向のブリーフミーティング~
  5. 会議でスッキリやる気が出る
  6. ベテランも新人も対等に
  7. どんな課題も解決できる~いつでもどこでも誰でもできるブリーフミーティング~

●ブリーフミーティングの前提となる考え方

  1. ブリーフセラピーの考え方
  2. カタリストの役割
  3. ブリーフミーティングは学級活動にも活用できる!
  4. 新たな視点や気づきを促す技法
  5. メンバーの役割

Column1 ブリーフミーティングを職場に馴染ませるコツ

第2章 30分でできる!ブリーフミーティングの進め方

●ブリーフミーティングの進め方

第3章 事例でわかる!ブリーフミーティングの実際

モデルケース1 発達に課題がある児童への支援

モデルケース2 不登校傾向の生徒に関する会議

Column2 誰もが育つブリーフミーティング~カタリスト体験談を通して~

事例1 いじめに関する会議

   事例報告者の課題意識が希薄なケース

事例2 生徒指導や学級経営に関する会議

   リソースが見つからないケース

事例3 不登校に関する会議1

   ゴールを絞り込めないケース

事例4 不登校に関する会議2

   ゴールが抽象的なケース

事例5 落ち着きのない児童に関する会議

   ゴールメンテナンスがうまくいかないケース

事例6 進路に悩む生徒に関する会議

   課題とゴールがちぐはぐなケース

実践レポート1 保護者対応

実践レポート2 福祉支援における会議での応用

実践レポート3 学級で生徒が行うブリーフミーティング(学級づくりBM)の準備と実際

Column3 リソースは、そこにあるもの

第4章 ブリーフミーティングのアレンジいろいろ

●ブリーフミーティングアレンジのコツ

  1. 会議の質的分類
  2. 普段から情報共有されている場合のアレンジ
  3. 間接的な事例報告者の場合のアレンジ
  4. 事例報告者の課題意識が低い(あるいはない)場合

●Zoomを活用したブリーフミーティングの実際

  1. オンラインでのブリーフミーティング
  2. 通常のブリーフミーティングにはない役割
  3. オンラインでのブリーフミーティングの進め方(Zoomを例にして)

●アンケート調査結果を活用したブリーフミーティング

  1. 学校で行われるさまざまなアンケート調査
  2. アンケート項目が測定しているのは「学校が目指す目標」
  3. アンケートの項目をブリーフミーティングの目標(今日のゴール)にする
  4. アンケート調査結果を活用したブリーフミーティングの実践例
  5. 目標(今日のゴール)にするアンケート項目の選び方
  6. アンケート調査結果を活用したブリーフミーティングのバリエーション

●ブリーフミーティング研修会の進め方

Column4 学校と専門家がタッグを組んだチーム支援を!

●エピソード 教師の力量を高めるブリーフミーティング

  1. 目のつけどころは『変化』を起こすこと
  2. 本当に30分で会議が終わるの?~ブリーフミーティングが定着するまで~
  3. 現場で行うことの有効性
  4. 理論と実践の一体化~研修会に参加する意義~
  5. さいごに~校長室のホワイトボードはBM用~

Column5 体験者からみたブリーフミーティング

付録 巻末資料

おわりに