教育の未来を見つめる 学事出版

雑誌

月刊高校教育

月刊高校教育 2021年5月号

特集:中教審答申を読む

月刊B5判 定価1,045円(本体950円) 雑誌03413 毎月13日発売

定期購読のおすすめ

2021年度 年間誌代14,905円(税込、特大号1冊・増刊2冊を含む)

目次

■特集:中教審答申を読む

  • 第10期答申に関わって―「『令和の日本型学校教育』の構築」答申をめぐって/天笠 茂
  • 生徒を主語にする高等学校へ/荒瀬克己
  • 中教審答申にみる高校教育におけるICT活用の考え方/堀田龍也
  • 答申が求める、これからの特別支援教育の在り方/岡田哲也
  • これからの通信制高校/吾妻俊治

■巻頭インタビュー

  • 妄想し、実現する力(上)/暦本純一

■特別企画1

  • 令和7年度からの大学入学共通テストの出題教科・科目について/(独)大学入試センター試験企画部

■特別企画2

  • 自分事として地域・社会を考える―「RESAS de 地域探究シンポジウム」/宇野雄哉

■特別企画3

  • アナウンサーが教えるコロナ下で響く話し方/長崎真友子

【高校教育を深く考えるための連載】

  • ちょっと拝見 学校訪問
    岐阜県立大垣北高等学校/竹内慶至
  • アクティブティーチャーの挑戦
    『学び合い』で授業改善/山田剛司
  • 1人1台時代のICT活用
    高校のICT利活用におけるネットワークの考慮/若松 進
  • 荒瀬克己の「おとなの探究基礎」
    新しく始まる/荒瀬克己
  • 実践!高校現場のICT活用
    学校課題を克服するなかでICTの利活用を図る―宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校/三浦隆志
  • 「探究」を評価する
    他校交流で主体性を育む「高校生サミット」/秋山 衛
  • 授業改善のリーダーシップ
    問題の本質把握と解決策、新しいツールへの期待/小林昭文
  • みらいの高校教育
    指定事業の成果を全生徒に広げる/渡辺敦司
  • 高校教員のための教育格差入門
    教育は格差を解消できるか?/中村高康
  • 高校教育のアキレス腱
    高い入試倍率に臨んで/朝比奈なを
  • ~高校生リレーエッセイ~地域みらい留学生の365日
    進路に迷うなか、環境を変えて将来へのヒントを得たいと決意/岡本 茜
  • 悲鳴をあげる学校
    人間科学部教授・今尼茂喜礼三(14)/小野田正利
  • 世界の実践に学ぶ 生徒参加の主権者教育
    自己決定型の民主主義教育――ドイツ(3)/柳澤良明
  • 「探究」を探究する
    探究の土台づくりと学校の強みの生かし方/廣瀬志保
  • 特別支援教育のいま
    自閉症スペクトラム障害(1)/竹内慶至
  • 時の眼
    コロナ禍での家庭の不安と格差拡大/耳塚寛明
  • 改めて考える、高校教育
    高校生の分極化―社会的要請への対応?/安彦忠彦
  • 大学入試のトレンド
    大学入学共通テスト 受験者数、平均点/河合塾
  • 高校改革北から南から
    岩手県「学びの改革」の状況/青木裕信
  • 総合研究 教育と法
    学校の頭髪指導と不登校中の生徒の取り扱い/星野 豊
  • 教育政策動向ウオッチ
    養成・採用・研修改革はどこまでできるのか…?/渡辺敦司

■コラム・お知らせ

  • 鉄道と高校
    寄付金で駅を維持する/齊藤大起
  • 高校教育サポーターズ
    声優になりたい高校生は多いけど/倉部史記
  • 心を耕す名言・名ゼリフ
    「そこはわたしの場所なんです」/岡崎武志
  • 全高長だより
    第30回高等学校就職問題検討会議/上村 肇
  • 教頭・副校長会だより
    2020年度東北六県高等学校教頭・副校長会研究協議大会ほか/針馬利行
  • 学食バンザイ!!
    専修大学SENDAI-Kaffee 編/今 柊二
  • 今月の書評
    『学力工場の社会学』/竹内慶至
  • 教頭日誌
    コロナ禍の部活・特活
  • 日本学生支援機構だより/日本学生支援機構
  • 今月の教育ニュース
    42都道府県が1人1台端末 うち12県は20年度内に完了
  • 編集後記